トップ  >  みどころ

みどころ

主催者展示

オーキッド・ロード

今年のテーマは「楽園・南国・熱帯」。エントランス・ゲート「オーキッド・ロード」は、沖縄美ら海水族館の円柱水槽を配置し、水族館生まれのトラフザメや色彩豊かな熱帯魚と蘭のコラボレーションを実現しました。「楽園」の入口として皆様をお迎えします。

※イメージ図

トラフザメ

トラフザメ(仔)

インド洋・太平洋の温帯から熱帯にかけて生息する夜行性のサメです。和名のトラフ(虎斑)は、黒地に白の縞模様からつけられました

愛嬌いっぱいのチンアナゴと色彩豊かな熱帯魚たち

チンアナゴ

クロウミウマ

へコアユ

カクレクマノミ

ナンヨウハギ

パラダイスエリア

都会の真中の東京ドームに楽園が広がるパラダイスエリア。蘭と緑にあふれる空間をご堪能ください。

ふしぎなアフリカの蘭たち

アフリカのふしぎな蘭や神秘的な蘭を集め、特集します。アフリカの大地に咲き誇る蘭の魅力をご堪能下さい。

ディサ 写真提供:Henry Oakeley

ディサ

華やかな色彩で神々の花と言われる「ディサ」。鮮やかな色彩と美しくふしぎな花の形が特徴です。昼間のアフリカの大地に凛と咲く様子を再現します。

バルボフィラム・バービゲラム 写真提供:Johan Hermans

バルボフィラム・バービゲラム

微風によって踊るように動く花、バルボフィラム・バービゲラム。夕暮れのアフリカの大地で可憐に踊ります。

アングレカム 写真提供:Johan Hermans

アングレカム

アフリカの夜空に白く輝くようにアングレカムを展示します。別名コメットオーキッド(星形の蘭)と呼ばれる蘭です。ダーウィンの著書「蘭の受粉」で注目を集めたアングレカムの一種セスキペダレは、学術的な内容の紹介とともに、その生態を深く掘り下げ、紹介します。

オーキッド・パーク

“きもかわ”オーキッドの一つ
パフィオペディラム属ベラチュラム

花の中央がサル顔に見える
モンキー・オーキッド

毎年好評な動物に見える蘭が大集合するオーキッド・ズー。今回もサル顔に見えるモンキー・オーキッド、鳥が飛んでいるように見える蘭、ヘビに見えるコブラ・オーキッドなど個性豊かな蘭がそろいます。
また、今回は気持ち悪いけどカワイイ蘭の特集“きもかわ”コーナーを新しく設けました。独特な色、形、模様などの蘭を紹介します。

こちらのコーナーでは大人気のキャラクター、すみっこが好きな「すみっコぐらし」がみなさんを案内してくれますよ。

©2017 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

すみっコぐらしとは?

電車に乗ればすみっこの席から埋まり、カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい…。すみっこにいるとなぜか“落ちつく”ということがありませんか?さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん?”、食べ残し(?!)の“とんかつ”、 はずかしがりやの“ねこ”、本当は正体をかくしている“とかげ”など、ちょっぴりネガティブだけど個性的な“すみっコ”たちがいっぱい。すみっこが好きな方、すみっこが気になる方、あなたもすみっコなかまになりませんか?

すみっコぐらし通信

沖縄美ら海水族館

※写真は前回の様子です

常連となった沖縄美ら海水族館展示。オーキッド・ロードとはまた異なる蘭に彩られた大型水槽で神秘に満ちた世界をお届けします。

メガネモチノウオをはじめとする、色彩豊かな楽園を彩る個性豊かな魚たちが登場します。

メガネモチノウオ ~ナポレオンフィッシュ~

沖縄島以南からインド・太平洋のサンゴ礁域に生息する最大級のべラ。その形がナポレオンの軍帽を思わせることからナポレオンフィッシュと呼ばれることもあります。

メガネモチノウオ
~ナポレオンフィッシュ~

ニセゴイシウツボ

モンガラカワハギ

ホンソメワケベラ

記念撮影コーナー


※写真は前回の様子です

毎年人気の記念撮影コーナーを今年も実施します。
色とりどり、様々な蘭で飾られた背景で、スタッフが、「らん・らん・ら~ん♪」の掛け声に合わせて撮影します!ご来場の記念に、ぜひいかがですか?

日本いけばな三大流派 特別企画展示

日本を代表するいけばな三大流派による見応えのある豪華いけばな展示を、華道家元池坊 東京連合⽀部 ・ いけばな草月流 東京南支部 ・ いけばな小原流 東京支部が彩ります。
また、21日ステージでは各流派の研ぎ澄まされた技と美のいけばな競演が行われます。

※写真は前回の様子です

Artist Coordination 相澤万亀子

展示イメージスケッチ:「季の魁(トキのサキガケ)」

華道家元池坊(東京連合支部)
タイトル:「季の魁(トキのサキガケ)」

寒気の厳しい中にも、どことなく日ざしがきらきらと春めいて、万物の命の動きはじめようとする感があります。
私たちも草木の命の動きと共に、その一歩を踏み出してみませんか、春の陽の光の中に!!

華道家元池坊

池坊いけばなは四季折々にその季(とき)の草木の姿に「美」を見い出し、仏前にいのちの尊さを季の花として供えています。長い時代を経て、今につづく池坊いけばなは時代を照らし、進化を続けています。

http://www.ikenobo.jp/

ステージ出演日時:2/21(水)11:00~11:30

展示イメージスケッチ:「魅せられて」

いけばな草月流(東京南支部)
タイトル:「魅せられて」

蘭のエキゾティックな美しさは
高貴で神秘的な世界に誘います。
水に映し出す私の姿は世界で一番美しい・・・・
そんな水面にあなたもたたずんでください。
世界で一番美しい花はだぁれ・・・・

いけばな草月流

1927年に初代勅使河原蒼風が創流した草月流は、「いつでも、どこでも、だれにでも」そしてどんな素材を使ってもいけられるいけばなとして世界中で親しまれています。繊細なミニアチュールで知られる第二代・霞、映画監督としても活躍した第三代・宏の時代を経て現在は第四代・茜のもと、国内はもとより世界各国の支部やスタディグループが、枠にとらわれない自由ないけばな活動を展開しております。

http://www.sogetsu.or.jp/

ステージ出演日時:2/21(水)12:00~12:30

展示イメージスケッチ:「南国楽園」

いけばな小原流(東京支部)
タイトル:「南国楽園」

今年のテーマ【ようこそ都会の楽園へ】にちなみ、小原流の流儀「写景(景色を作品に反映させる手法)」を用いて【南国楽園】を表現します。都会の密林に咲く妖艶な蘭を演出することで、まるで南国に来たかのような雰囲気を堪能していただければ幸いです。

いけばな小原流

19世紀末、流祖・小原雲心(おはらうんしん)が水盤(口の広い器)を利用して、当時流通の増えた西洋の花でも展開できる「盛花(もりばな)」を考案したところから始まる。現在国内外に支部を広め、若き五世家元・小原宏貴(おはらひろき)が伝承している。

http://www.ohararyu.or.jp/

ステージ出演日時:2/21(水) 13:00~13:30

特別展示

花活動家/フラワーアクティビスト 志穂美 悦子さんと華道家の假屋崎省吾さんの豪華2大フラワーディスプレイです。

志穂美 悦子

女優・志穂美 悦子として、数多くの映画やTVに出演。
現在自身のライフワークであるフラワーアートをまとめた書籍「INSPIRE」Vol.1~3を出版する。
2013年奈良飛鳥村、天武天皇御陵献花、2014年薬師寺花会式国宝東院堂奉納。
2015年「長渕剛10万人オールナイトライヴin 富士山麓」の野外会場に氷と花のインスタレーション展示。
2016年被災地支援「志穂美 悦子 ひまわりプロジェクト」 を立ち上げ、各地にひまわりを届ける支援活動をしている。2017年は宮城県石巻市にひまわりを咲かせた。

志穂美悦子公式ホームページ http://nagabuchietsuko.com/
志穂美悦子公式ブログ http://nagabuchietsuko.com/blog/

Artist Coordination 相澤万亀子

[息吹き]
わたしの中にもあなたの中にも燃え盛るものが存在している。
命とは
そういうもの。

もちろん、小さなアリにも虫にも。

そして
自然もまた、とどまることを知らず姿形を変え、常に生き続けている。

わたしが踏み締めるこの大地もしかり、見上げる空も見渡す海も。
何十億年という時をかけて、生き続けている。

秘めたる炎は常に形を変え、うねり、熱く燃え続ける。
わたしの中にもあなたの中にも炎はある。
それが
命というもの。生きるってなに?生かされるってなに?

わたしの中の命の音を聞いてみよう。

″生きる″と言う命の音を。

假屋崎省吾

華道家。Kariyazaki Flower Professional Education School主宰。美輪明宏氏より「美をつむぎ出す手を持つ人」と評され、世界各地で「華道」を広める活動にも精励する。女子美術大学・特別招聘教授、フランス広報大使、オランダチューリップ大使などを務め、着物やガラス器のデザイン・プロデュースをはじめ、花と建物のコラボレート個展“歴史的建築物に挑む”を開催。日本橋三越本店 新館7階ギャラリー「華道歴35周年 假屋崎省吾の世界展」は2月21日(水)~3月5日(月)の開催。その他、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など幅広い分野で活躍中。

オフィシャルサイト http://kariyazaki.jp/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kariyazakishogo/

※写真は2017年展示

~蘭の世界~
華道歴35周年を迎え、世界各国で個展やデモンストレーションを開催し、花育や少子化問題などの地域活性を促すボランティア活動を積極的に取り組むなど、益々活躍の場を広げている華道家・假屋崎省吾さんによる14回目の特別展示。今回のテーマは「虹」。虹のイメージである未来・幸運・夢がかなうという思いを込めたレインボーカラーのインスタレーションです。都会の楽園にあらわれた希望の虹と、各種のラン、そしてご自身デザイン・プロデュースの着物を融合した、百花絢爛・明るく華やかな世界をお楽しみください。

大使・大使夫人のテーブル・ディスプレイ

デンマーク王国大使館の展示(2017)

世界各国の大使・大使夫人による蘭をモチーフにしたテーブル・ディスプレイが披露されます。蘭とともにそれぞれのお国柄が表現されたテーブル・ディスプレイには、大使・大使夫人の温かなおもてなしの心がこもっています。「世界らん展」の名にふさわしい、華麗な競演をぜひご覧ください。

【参加予定国】
ブルネイ・ダルサラーム国 ラトビア共和国 メキシコ合衆国 パナマ共和国 カタール国 スウェーデン ザンビア共和国
ブルネイ・ダルサラーム国、ラトビア共和国、ザンビア共和国は女性大使、その他4か国は大使夫人の参加の予定。

高円宮妃久子殿下 御撮影

高円宮妃久子殿下が撮影された蘭の写真数点をご紹介いたします。

ケイ山田のオーキッドガーデン

※写真は前回の様子です

英国園芸研究家・デザイナー、ケイ山田さんによるオーキッド・ガーデン。

蘭をホームファニシング(インテリア・家具)の一つとしてとらえた、寄せ植えコンテナガーデンをメインに展開する展示です。

ケイ山田

ファッションブランド「バラ色の暮し」を1972年に設立。
英国で服作りの素材を求める中、英国庭園を知り、日本で初となる英国庭園を創ることを決意。
英国大使館や英国園芸界を代表する多くの指導者達の協力を仰ぎ、1990年に蓼科高原バラクライングリッシュガーデンを開園。
ケイ山田ガーデニングスクール主宰。
公共庭園から個人邸まで幅広く造園デザインを手掛ける。
また監修著書も多数。

http://www.barakura.co.jp/kay-yamada/

このページのトップへ