トップ  >  みどころ  >  メインステージ  >  出演者プロフィール

みどころ

メインステージ 出演者プロフィール

※50音順
■網野妙子(MAFD AMINO主宰/ソラフラワーズ協会会長/プリザービングフラワーズ協会会長)
http://www.mafdamino.com/
8年間のドイツ滞在と池坊で学んだ華道を基礎にヨーロピアンスタイルのフラワーデコレーションを確立。独自のデザイン哲学とスクール展開に圧倒的な支持を得る。
フラワーアレンジの普及に努め、農林水産大臣をはじめ県知事、大使館などより多くの表彰を受ける。またマスコミへの登場も多く、広く一般からも支持を受け、スクールでは全国より生徒を集めている。
網野妙子
■安奈淳(元タカラジェンヌ・女優)
宝塚歌劇団、元星組・花組男役トップスター。1965年に宝塚歌劇団に入団、1978年に退団。宝塚での主な出演舞台に、「ベルサイユのばら」(オスカル役)、「風と共に去りぬ」 (スカーレット・オハラ役)など。退団後は「南太平洋」(主演)や「王様と私」「サウンド・オブ・ミュージック」「レ・ミゼラブル」他、舞台で活躍。
安奈淳
■石渡雅史(いしわたまさふみ)
華道家元池坊(東京連合支部)/池坊中央研修学院 研究員

http://www.ikenobo.jp/
http://www.showka.jp/
東京生まれ。東京芸術大学大学院修了。
2011年ロンドンでの東日本大震災復興チャリティーイベントを企画・興行。
2017年公開の映画「花戦さ」にて狂言師野村萬斎氏にいけばな指導を行う。
「SMAP×SMAP」等TV出演や国内外で華道指導、デモンストレーションを行っている。
池坊中央研修学院研究員、池坊東京清祥会支部支部長、公財)日本いけばな芸術協会評議員、長岡造形大学非常勤講師。
石渡雅史
■岩井淳(イワイジュンデザインスタジオ/フラワーアーティスト)
http://www.iwaijundesign.com/
20才から花の世界に入る。トップフラワーアーティストのクリスチャントルチュ氏と出会い、彼から絶大な信頼を得て数々の有名ブランドの装飾を手がけたのちに独立。自らのデザインチーム「Iwai Jun Design Studio」を設立し、花と植物を通して日本にヨーロッパの花文化を広めることを目的とし、幅広く活動、活躍している。
岩井淳
■江口美貴(トップフラワーアーティスト・江口美貴 Flower Salon Miki Art School主宰)
http://www.flower-s-miki.co.jp/
ヨーロッパ各地で研修を重ね独特な感性で定評がある。元ファーストレディ外遊時のブーケ、有名ホテルでの年間3,000件のウエディングの空間演出、パリコレ・桂由美グランドコレクションで高い評価を得る。 TV・雑誌、イベント等多方面でも活躍、「江口美貴 Flower Salon Miki Art School」を主宰、全国43校を展開。「一般社団法人ブライダルフラワーコーディネーター協議会 BFCA」を設立、検定も実施。
江口 美貴
■假屋崎省吾(華道家)
オフィシャルサイト http://www.kariyazaki.jp/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kariyazakishogo/
華道家。Kariyazaki Flower Professional Education School主宰。着物やガラス器のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。徳島県美馬市 藍商佐直 吉田家住宅個展「第10回うだつをいける ~悠久の美と共に~」1月8日(日)~2月19日(日)まで、世界文化遺産・沖縄県首里城公園「琉球の華みぐい」1月13日(金)~1月29日(日)まで開催。その他、花育や、少子化問題など、地域活性を促す社会活動等にも積極的に取り組んでいる。今年、華道歴35周年を迎え益々活躍の場を広げており、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分野でも活躍中。
假屋崎省吾
■計良宏文(資生堂 トップ ヘア&メーキャップアーティスト)
http://hma.shiseidogroup.jp/kera/
資生堂「TSUBAKI」などのCMやポスターをはじめ、ニューヨーク・パリ・東京コレクションのファッションショーのヘアチーフを多数務める。09年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)グランプリ受賞。世界美容家協会 intercoiffure ナイト褒章受賞。モデル・女優から多くの指名を受ける資生堂を代表するアーティストの一人。
計良宏文
■小林祐治(GEOMETRICGREEN Inc/フラワーアーティスト)
http://www.geometric-green.com
GEOMETRICGREEN主宰。パークハイアット東京の花装飾を14年間担当する。2000年に開催された九州沖縄サミット首里城晩餐会では花装飾を担当。スーパーブランドや大手企業のパーティー装飾を多数手掛ける。同時に、国内外インターナショナルホテルのオープニング、デザインの技術指導を行う。 2012年作品集「TOKYO FLOWERS」を出版。
小林祐治
■澤田晃映(いけばな草月流/東京南支部 支部長)
http://www.sogetsu.or.jp/
幼少よりいけばなをたしなむ母の傍らで、オランダへの留学経験をもつ。華道家としての活動は、ワールドカップ関連行事や企業・子供文化イベント、商業施設の装飾やステージ美術など大変に幅広い。指導者としても、いけばな教室を運営し、学校や企業にも足を運び草月流の本部講師でもある。
澤田晃映
■志穂美悦子(FLOWER ACTIVEST)
志穂美悦子公式ホームページ http://nagabuchietsuko.com/
志穂美悦子公式ブログ http://nagabuchietsuko.com/blog/
日本初アクション派女優として数多くの映画、テレビに出演する。結婚後、花の世界に魅せられて2010年、世界的トップフラワーデザイナー、ダニエル オスト氏の内弟子である前田玲子、清水はるみ、両氏(現アトリエ花公房 胡桃主催)に師事。
2013年、天武天皇御陵に献花。
2014年、世界遺産奈良薬師寺、国宝 東院堂「聖観世音菩薩に捧げる花展」を開催。
2015年、16年東京ドーム「世界らん展 日本大賞」同年、西武ドーム「 国際バラとガーデニングショウ 」においてパフォーマンス、及び特別展示を披露。また昨年、「被災地に届け!ひまわり10,000本プロジェクト」を立ち上げ種より育てる。
それらの大胆な発想と独創的表現が多数メディアに取り上げられ、現在、最も注目を集めている。
テレビ東京「ソロモン流」
テレビ朝日「徹子の部屋」等。
志穂美悦子
■末延麻裕子(ヴァイオリニスト)
https://www.facebook.com/suenobumayuko/
山口県光市出身。優れたファッションセンスとジャンルを問わない独自の演奏スタイルで注目されている新進気鋭のヴァイオリニスト。クラシック界での実績はもとより、日本を代表するアーティストらと共演を重ねるなど、多方面で活躍中。
末延麻裕子
■スパリゾートハワイアンズ・フラガール
http://www.hawaiians.co.jp/index.html
福島県いわき市にある日本最大級の温泉テーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」。そこで毎日ポリネシアンショーを公演しているダンシングチームが「フラガール」です。2006年公開の映画『フラガール』のモデルになったことでも有名です。フラやタヒチなど南の島々のダンスを通じて、笑顔や元気をお届けします。
スパリゾートハワイアンズ・フラガール
■知地正和(いけばな小原流(東京支部)/小原流研究院 講師)
http://www.ohararyu.or.jp/
1960年生まれ、母親の影響を受け18歳で小原流の門をたたく。38歳で研究院講師となり現在各地の支部の研究会指導をはじめ生徒育成につとめている。小原流東京支部所属
知地正和
■都倉八重子(花職人)
http://www.tokura-croatia.com
日本マイスターフローラルアーティスト協会 代表。 世界らん展日本大賞「フラワーデザイン部門」3年連続最優秀賞・「寄せ植え部門」最優秀賞。 その他コンテストで農林水産大臣賞・労働大臣賞など受賞多数。クロアチア写真集「IKEBANA STONE&FLOWER」出版ほか、雑誌掲載、テレビやラジオ出演・マスコミ取材や記事掲載など多数。海外でのデモンストレーターとしても活躍中。フラワー装飾1級技能士(国家検定)。都倉生花店 チーフデザイナー。
都倉八重子様
■初風諄(元タカラジェンヌ・女優)
東京都出身
1961年より宝塚歌劇団に在団
元星組・月組のトップ娘役
「ベルサイユのばらⅢ」のマリーアントワネット役で1976年に退団
2000年に東宝ミュージカル「エリザベート」にて活動を再開

【主な出演作品】
「ミー&マイガール」「ウェディング・シンガー」「宝塚BOYS」「蜘蛛女のキス」等
2016年宝塚OGバージョン「シカゴ」にてニューヨーク・リンカーンセンターフェスティバルに参加。好評を得る。今年は8月末より中尾ミエさんプロデュースの「ザ・デイサービス・ショウ」に出演の予定。
日向薫
■日向薫(元タカラジェンヌ・女優)
http://www.himawari.net/kaoru/
‘88~‘92星組男役トップスターとして『ベルサイユのばら』『戦争と平和』等に主演。退団後、舞台を中心に活動。≪朗読ミュージカル≫で文化庁芸術祭新人賞を受賞。各地で公演し好評を博している。小学校公演や≪美・UP!VIVACE講座≫大学での≪タカラヅカ研究≫など多方面での活躍が注目されている。
日向薫
■Massa Nakagawa(フラワーアーティスト)
http://www.massa-artists.com
ダイナミックさと繊細さを合わせもつ独創的なスタイルと、日本的な感性を融合させたフラワーデザインが信条。世界のハイブランドのレセプション、オープニングパーティーの装花演出、雑誌、広告、ウェディングなどのデザインワークを数多く手がける。 また、コンサートのステージデザインなどのアートワークやディスプレイは既成の概念にとらわれない空間デザインとして国内外で高く評価されている。 2010年「Flower アート&デザイン協会」会長就任。
2012年パレスホテル東京でのWEDDING装花ブランド「MUKU」を立ちあげ、デザイン監修、同エグゼクティブアートディレクターとして就任。
Massa Nakagawa
■稔幸(元タカラジェンヌ・アーティスト)
'85年宝塚歌劇団へ入団。星組で活躍。’90年NYラジオシティ公演に参加した後、新人公演主演を果たし、'98年星組トップスターに就任。'01年『ベルサイユのばら2001』のオスカル役で退団。その後、宝塚OG公演、コンサート、CDでは「~Reijin~麗人 」「越路吹雪に捧ぐ」に参加。歌手、画家、ボディワークの指導者、NHKラジオのパーソナリティ、日本パペットセラピー学会理事と、幅広く活動している。
稔幸
■明星大学吹奏楽団
http://www3.hino.meisei-u.ac.jp/suisougaku/
団員数100名を超える明星大学生による吹奏楽団。
2013年より全日本吹奏楽コンクール都大会連続出場。2016年にはサックス四重奏が全日本アンサンブルコンテスト全国大会にて金賞、日本サックス協会アンサンブルコンクールにてグランプリを受賞、と二大会で日本一に輝いた。魅力と実力ある楽団を目指し、日々猛烈に活動中。
明星大学
■躍動(和道パフォーマンス)
http://www.yakudo.net/
「今を生きる」を熱く伝える和道パフォーマンス集団。ミュージックビデオ、舞台等メディアに多数出演。韓国・中国・台湾などアジア圏を中心に国際交流にも積極的に取り組んでおり、韓国ソウルにて開催された「日韓交流おまつり 2016 in ソウル」によさこい日本代表として招待されるなど、海外でも演舞を披露している。
躍動
■ローラン・ボーニッシュ(ローランベーブーケティエ/フラワーデザイナー)
http://www.laurentb-bouquetier.com/
パリ出身フランス人フラワーアーティスト。100年近い歴史を持つ花店の4代目として生まれ、パリの老舗花店で経験を積み1998年母校の派遣講師として来日。以降日本でフレンチスタイルフラワーレッスンをはじめイベント装花装飾、ステージパフォーマンスなどフランス花文化を広める。東京田園調布に自身のアトリエ兼スタジオ、【ローランベーブーケティエ】がある。
ローラン・ボーニッシュ

このページのトップへ