トップ  >  開催概要  >  世界らん展とは

開催概要

世界らん展とは

 洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など世界各地のさまざまなジャンルの蘭を一堂に集めた「世界らん展日本大賞2018」(主催・世界らん展日本大賞実行委員会)が2018年2月17日(土)~23日(金)までの7日間、東京ドーム(東京都文京区)で開催されます。

 前回は、世界19か国・地域が参加し、約3000種、約10万株、250万輪以上の蘭が展示され、展示作品総数は1316点に及びました。また、観客動員数は会期中7日間で約13万3千人、多数のメディアの方にも取材頂き、まさに世界を代表する蘭の祭典となりました。

 今年のテーマは「楽園・南国・熱帯」です。エントランスゲート「オーキッド・ロード」は沖縄美ら海水族館の色彩豊かな熱帯魚と蘭のコラボレーションを実現します。假屋崎省吾さん、志穂美悦子さんによる作品展示、アフリカの神秘的な蘭の特集、動物に見える蘭が大集合するオーキッドパークなど、今回も盛りだくさんなコンテンツをご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 展示だけではなく、多彩なステージイベント、販売ブース、限定商品の販売、公式グッズなども是非お楽しみください。

審査作品展示は7部門で構成、個別部門には世界水準の作品が多数出展

世界らん展日本大賞2017
日本大賞受賞花

 世界らん展日本大賞の審査部門では、参加作品を7部門に分けて展示します。会場中央部分に日本大賞花及び上位入賞花を展示し、その周囲に、日本大賞を選出するための審査対象となる「個別部門」展示と上位入賞花の紹介コーナー展示を行います。

 さらに、「フレグランス部門」展示、「ディスプレイ部門」展示、「フラワーデザイン部門」展示、「アート部門」展示、「ミニチュアディスプレイ部門」展示、「ハンギングバスケット部門」展示作品を配します。

「個別部門」には、「日本大賞」選出審査の対象となる蘭(世界水準の選りすぐりの優秀な蘭の作品)約900株がエントリーされ、各審査グループごとに展示されます。「フレグランス部門」は、蘭のもうひとつの魅力である香りにスポットをあてた作品が展示されます。「ディスプレイ部門」では、蘭を使った飾り付けの作品が展示されます。 また、「フラワーデザイン部門」は、蘭を素材にしたディスプレイデザイン・インテリアアレンジメント・ブーケなどの作品、「アート部門」は、絵画・ボタニカルアート・写真・アートフラワー・押し花・ドライフラワー・プリザーブドフラワーなどの作品、「ミニチュアディスプレイ部門」は、蘭の鉢花を中心に、他の植物や装飾品などを取り混ぜ、寄せ植えした作品がそれぞれのコーナーに展示されます。

 また部門7 ハンギングバスケット部門が2018より新設されます。蘭の花を取り入れてデザインされたハンギングバスケット作品の展示をします。

このページのトップへ